気になる法律を自分で調べる方法

法律が気になる場面は、結構多くあります

■ 39歳 男性
法律が気になる場面は、結構多くあります。ふとした瞬間に、「あれ?これって法律的にはどうだろう?」と疑問に思う事も、しばしばです。

例えば、自転車で歩道を走っている人を見かけたり、歩きタバコをしている人を見かけたり。自分がやっている事でも、時に気になったりします。
でもそういう事は、例えば弁護士さんに聞いたりするには些細なこと過ぎて、結局よくわからないまま、自分の中で適当に折り合いをつけて納得してばっかりです。

しかし、そうやって自己完結する事が出来ない事もあります。契約に関する事や、事故に関する事など、自分が当事者になるような事は、知らないともやもやするけど、専門家に聞くのは気が引けるというような事です。

そういう時は、インターネットの力を使います。主に検索サイトで、知りたい事のキーワードをいくつか入れて検索。すると、色々情報が出てくるので、自分の知りたい状況に似た内容を探します。一つ読んだだけでは情報に偏りがあるので、いくつか探して読んで、公約数的に情報を整理して「そうだったのか」と納得します。
それでもどうしても自分の知りたいことが出てこない時には、Yahoo!知恵袋か法テラスで質問します。
でも、だいたい検索した情報で事足ります。