気になる法律を自分で調べる方法

法律は人々の暮らしを守り

■ 57歳 男性
法律は人々の暮らしを守り、生活のために有りますが、しかし全部の法律を理解している人は皆無と言ってもいいでしょう。法律は身近なもので、人々の暮らしや生活に大きな影響を与えます。法律に詳しくはなくても、生活と関係しています。
例えば道路交通法です。
違反して罰則を受ける人も多いことですが、車を運転するだけじゃなく、道路交通法は歩行者にも適用されます。最近増えているのが、自転車の事故です。
ブレーキなし、自転車ビストで公道を走ることです。

人それぞれで、大なり小なり法律と関わりを持っています。法律には、地方自治体の法律と国の法律があります。法律は身近な問題だけれど、あまりにも多すぎて分からない、知りたい法律や気になる法律、最近の法律などは、六法全書などの出版物で調べることが出来ます。
また図書館などには、資料が保存されています。膨大な資料の中から探し出すので、何を調べたいと目的を持って調べることが必用です。
100年前の法律など、古い法律が現存している場合もありますので、何を調べるのか決めておかないと、ただ漠然と調べても見つかりません。国の法律は各省庁内に保存されていますが、一般人では調べることは難しいです。